次回作その3

次回作に向けてのその3です。
この前と違って曲自体はすごくポップです。今までにないくらいポップです。自分でも「こんな曲も書けるんだ」って思えるくらい。歌詞は途中までは、それにつられて楽しい感じですが後半から雲行きが怪しくなります。あることを境に何かが変わります。それがテーマ「Fork」に結びついてきます。

タイトルは「涙で笑って」です。なんか相反するワードで構成されて良くわからないですが、歌詞を読んでいただけるとなるほどと分かってもらえるかな?ってな感じですね。

ところで、今回では少しだけ詞先にチャレンジしています。というのも、どうしても入れておきたい歌詞のフレーズがあって、でもそれだとメロディに当てはまらない、どうしようか?ってことで、そのフレーズに合わせてメロディを作りました。歌は歌詞があってこそ、ですからね。

次回作その2

次回作に向けてのその2です。
候補曲に順位歌詞を書いています。活動を始めたころはオケを作りきってから歌詞を付けていってたのですが、最近ではある程度のメロディラインのスクラッチが出来たところで歌詞を付けるようにしています。そうしたほうが全体を組み立てる際に自由度が広がるかなぁって思ったので。でもまあ、曲先には変わりないんですけど。詞先はメッチャ苦手です。

今回はダークファンタジーっぽくしてみようと思ったのですが、仕上がったものは中二病臭しかしないものになっちゃいました。過去の「はじまりのうた」もそうですがファンタジーものって、どうしてもそんな感じにしかならないのはゲームのし過ぎかな。

タイトルはファンタジー感ゼロな「思い出したくもない(仮)」です。全体のテーマ「Fork」とどう絡んでくるのかは聴いてのお楽しみってことで。無理やり感は否めないかな。

何とかなるもんだ

次回作に向けて、曲はいくつか候補をピックアップできていますが苦手な歌詞が手間取っている関係で、思っている通りになかなか進まない感じですね。でも本日、なんとか1つ書き上げました。次回作のテーマ「fork」も何とか従えていると思えています。自分自身でも初めての6/8の曲なので余計に手間取った気がします。タイトルは「ぐるぐる(仮)」。なにがぐるぐるなのかは聴いてみてのお楽しみってことで。さあ、頑張ってアレンジしていきます。

ところで、6/8って拍子は不思議な感じですよね。3拍子のようで実は2拍子。その不思議なリズム感が好きなのですが、いざ自分で作るってなると結構ムズイです。っていうか、ホントに6/8で合ってるのかなぁ。(^^ゞ

次回作について

何となく、だけど。
次回作のテーマがぼんやりと決まりつつあります。
7番目としては以前からやりたいことは決めていたので、それに無理やりのこじつけをずっと考えていて、ようやくその単語が見つかりました。(^^ゞ

fork

普通の人だと食事の際に使うフォークのイメージしかないと思いますが、それとは違うものです。ソフトウェアエンジニアの方ならば分かるかと思いますが、プロセスフォークのフォークです。分かりやすく言い換えると「turning point」が近いですかね。いろんな意味での分岐点、それをテーマに曲作りをしていく予定です。ちなみに、フォークソングは「folk」なので単語としては違うのですが、言葉の響きとして引っかけるつもりでいます。

どうなるか分かりませんが、頑張ってみます。

SSL化の波及

このブログのトップページにアクセスすると

このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています

のアイコンがChromeのアドレスバーに表示されるようになったので原因を調べていると、script src=”アドレス” のアドレスがhttpsではなくhttpとなっているのがNGだと分かった。なんだろってページのソースを確認していると、以前にアップロードしたUVI Workstationのバージョン付きロゴ画像がhttpとなっていた。改めて画像をアップロードし直したら表示されなくなった。
SSL化の波及になるんだけど、せめてローカルアップロードしたファイルはプロトコル表記を省略するとか出来ないものでしょうか?>WordPressさん。